多国籍グループで活躍する日本人 ~ 韓流・華流ドラマのススメ

CROSS GENE -1ST- | CROSS GENE |本 | 通販 | Amazon

韓流・華流の音楽シーンに注目してみる

私はK-pop、C-popにはあまり詳しくないのですが、K-popやC-popなどがお好きな方にはこんな楽しみ方はいかがでしょうか。特にK-popには近年多国籍のグループが登場し活躍しています。日本にも日系の外国人、外国で育った日本人、外国と日本の両方のルーツを持った(ハーフやクォーターと呼ばれる)人々がアイドルになったり、タレントとして活動したりしていますよね。ただアイドルグループに限定しては、多くは多くはザ・日本人の方か多数で、時折いわゆる「ハーフ」の人が少し存在している状態でしょうか。

K-popの多国籍グループ

現在K-popには現在、外国出身のメンバーが在籍するアイドルグループが増えてきています。韓国は留学していないと就職に影響する、と言われているほど留学は若い人たちにとって重要なものとなっています。K-popを海外に輸出することを国家戦略としているなど海外へのまなざしは強いのだと思います。また、K-popはJ-popよりもアメリカの音楽に寄りだそうなので、欧米の影響などはとりわけ受けているのではと思われます。そういうこともあってか、欧米の俳優さんやアーティスト、アメリカで生まれ育った韓国人のメンバーなどアーティストでは多くいます。

近年は欧米だけでなくタイや中国、香港などアジア出身のメンバーを多国籍なグループになる傾向にあります。例えばGOT7はJB、Jr.、ユギョム、ヨンジェ、マーク、ジャクソン、ベンベンという7人のメンバーで構成されています。そのうちマーク、ジャクソン、ベンベンの3人がそれぞれアメリカ、香港、タイの出身です。

そんな多国籍グループが増えている中、そこに日本人が在籍するグループがいるのです。その名はCROSS GENE(クロスジーン)。ラッパー2名、ボーカル4名のダンスボーカルユニットで2012年6月に韓国でデビューし、2013年3月13日「Shooting Star」(NTVドラマ「シェアハウスの恋人」挿入歌)で日本デビューも果たしています。CROSS GENEはシン、サンミン、ヨンソク、セヨン、タクヤ、キャスパーのメンバーで構成されています。そのうちキャスパーは中国出身、そして、タクヤは日本出身です。

また女性グループも近年日本人を含む多国籍アーティストグループが登場しています。Twiceというガールズグループです。「SIXTEEN」というサバイバル番組で選抜されたジヒョ、ナヨン、ジョンヨン、ダヒョン、ミナ、サナ、チェヨン、モモ、ツウィというメンバー構成です。ツウィは台湾出身、そしてミナ、サナ、モモが日本出身メンバーとして注目を集めています。

彼ら、彼女が、日本の韓流アーティストとして日本のドラマや音楽シーンに登場し、活躍することがとても楽しみですね。

参考引用

「k-pop多国籍グループまとめ 日本人が入ったグループも誕生するかも!?」
2015年09月10日 最終確認:20161207
https://matome.naver.jp/odai/2143704692678386601

Twice公式ウェブページ
http://twice.jype.com/profile.asp

CROSS GENE(クロスジン) プロフィール&メンバー紹介
http://hot-korea.com/kpop/profile.php?id=cross_gene

クロスジーン公式ウェブページ
https://www.crossgene.jp/profiles