まだまだあります!日本ドラマ・マンガ・小説の韓流・華流リメイク~韓流・華流ドラマのススメ

女王の教室 DVD-BOX

日本ドラマの韓流・華流リメイク

2011年放送、松嶋菜々子主演、本田望結がブレイクするきっかけとなった日本テレビ系列ドラマ「家政婦のミタ」が韓流ドラマの流行のきっかけを作った「冬のソナタ」で有名となった「涙の女王」チェジウ主演で「怪しい家政婦」としてリメイクされています。

日本では忽那汐里が務めた長女役ですが、韓国ドラマではキム・ソヒョンが演じています。ちなみにこのキム・ソヒョンですが、元・東方神起ユチョン、コンウネ共演した「会いたい」に出演しています。コンウネ演じるイスヨン/ジョイルーの子ども時代として出演しています。少しつらいシーンを演じていますが、とても見る側の心振るわす演技をしていますので、是非注目してみてください。今後の活躍を期待したい子役の一人でもあります。

篠原涼子主演「ハケンの品格」は日本でも派遣という言葉が広く世の中に認知し始めた頃、派遣社員、派遣労働というテーマ、特別な待遇を受ける派遣社員というキャラクターの突飛性、加藤あい、小泉孝太郎、大泉洋という豪華な出演陣で注目を集めたことは記憶に新しいかと思います。非正規労働が日本と同様に大きな社会問題となっている韓国でも「ハケンの品格」は「オフィスの女王(韓国題名:職場の神)」としてリメイクされ、ヒットを記録しました。主演キム・ヘスは2013年KBS演技大賞を受賞しています。

日本を代表するカルチャーの「宝塚歌劇団」出身俳優、天海祐希が主演を務めた「女王の教室」も韓国でリメイクされています。この「女王の教室」は賛否両方の意味での反響が大きかったドラマで、暗いイメージを払しょくするかのようにエンディングでは爽やかな曲に乗せて天海祐希さんが軽やかなダンスを披露されていたことで印象的ですね。韓国版リメイクではコ・ヒョンジョンの3年ぶりの復帰作として注目を集めました。

阿部寛主演「ドラゴン桜」はキム・スロ、ペドゥナが教師役として出演、松田翔太、戸田恵梨香主演「LIAR GAME」は「チャクペ—相棒—」「火の女神ジョンイ」に出演したイサンユンが出演しています。

山ピーこと山下智久主演の月9「プロポーズ大作戦」はユスンホ、パクウンビン共演でリメイクされています。

映画も作られるほど人気を集めた深夜ドラマ「深夜食堂」は小林薫演じるマスターをキム・スンウに、東京をソウルに場所を移してリメイクされています。日本版ではオダギリジョーなども出演していた名作で、韓国版でもチェ・ジェソン、チジニ、オ・ジホ、John-Hoonなど日本でも有名な俳優さんが出演しています。

その他ドラマ「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」が「ラブ・アゲイン症候群」としてリメイクされています。

90年代に武田鉄矢の「僕は死にません!」というセリフが有名となった日本の大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」は日本でも名の知られているリンチーリン主演として中国に舞台を移した日中共作映画が作られています。ちなみに武田鉄矢も出演しています。

余談ですが、韓流・華流のドラマやコンテンツに限らずにお知らせしますと、芦田愛菜の出世作、松雪泰子主演ドラマ「Mother」がトルコで「ANNE」としてリメイクされるそうです。「ANNE」とはトルコ語で「母」という意味だそうで、現地で人気の女優ジャーンス・デレ、ヴァーヒデ・パーキン、そして人気子役のベラン・ギョキルデ。海外へのドラマ輸出量が韓国には及ばないものの、既に日本より多いトルコ。14年の記事によるとアメリカに次いで世界2位というデータもあるようです。トルコ版のヒットを機に、日本のドラマへの注目が更に集まることを願ってやみません。

各ドラマ、映画の詳しい情報はこちらをご参照ください

怪しい家政婦
http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=28627

オフィスの女王
http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=26751

女王の教室
http://www.kntv.co.jp/prog/detail/?p=27046

ドラゴン桜
http://www.tbs.co.jp/hanryu-select/dragonzakura/staff/

ライアーゲーム
http://liargame.ponycanyon.co.jp/

プロポーズ大作戦
http://www.cinemart.co.jp/propose-k/index.html

深夜食堂fromソウル
http://www.fromseoul.jp/

ラブアゲイン症候群
http://www.bs-asahi.co.jp/loveagain/

101回目のプロポーズ~SAY YES~
http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/00908/v12566/

日本のマンガ・小説の実写化

藤田和子著「桃花タイフーン」はシンディワン主演、飛輪海ジローやケルビン、F4のケンチュウなど豪華共演しています。

日本では二宮和也、櫻井翔共演でドラマ化された「山田太郎ものがたり」が台湾のF4ヴィックチョウ主演で「山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~」として台湾でドラマ化されています。

北川みゆき原作『東京ジュリエット』は台湾人気俳優呉尊とアリエル・リン主演でドラマ化されています。

台湾人気アイドルF4が4人共演するという今考えると豪華な配役の「部屋(うち)においでよ」は、原秀則による小学館ヤングサンデーコミックスが原作です。(ちなみにF4は台湾版「花より男子」をドラマ化したときの、登場人物である4人組通称「F4」として出演した4人をそのままアイドルグループとして売り出したため、F4というグループ名となっています。)

岡田准一、黒木瞳が共演して映画化された江國香織著『東京タワー』を原作に韓国で「密会」というドラマが作られています。その他、龍居由佳里原作「愛なんていらねえよ、夏」が「その冬、風が吹く」としてドラマ化されています。

桃花タイフーン
http://frhj.tv/momo/cast/index.html

東京ジュリエット
http://frhj.tv/tokyojuliet/cast.html

部屋においでよ
http://www.mxtv.co.jp/oideyo/cast.html

密会
http://c7mikkai.jp/

その冬、風が吹く
http://kazegafuku.jp/

参考引用

中央日報/中央日報日本語版「日本ドラマのリメーク、明暗を分けるポイントはどこに?(1)」
2013年07月10日11時33分 、確認20161206
http://japanese.joins.com/article/701/173701.html?servcode=700§code=710

イ・ウイン「「2013 KBS演技大賞」キム・ヘスが大賞!チュウォンは4冠達成(総合)」
2014年01月01日12時52分、最終確認:20161206
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985670

「芦田愛菜の「Mother」トルコで初リメーク」2016年10月17日18時27分最終確認:20161206
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1725641.html

夏目 美詠子「Cool Turkey?~トルコのドラマ輸出の経済効果とソフトパワー~」国立貿易投資研究所、2013年5月9日、最終確認:20161206
http://www.iti.or.jp/flash168.htm

井出和貴子[大和総研経済調査部エコノミスト]「トルコはテレビドラマ輸出で世界第2位って知ってますか?」ダイヤモンドオンライン、2014年12月16日、最終確認:20161206
「女王の教室、ハケンの品格…韓国でリメイクドラマ多い理由」AERA2013年11月4日号
https://dot.asahi.com/aera/2013103000011.html

桃花タイフーン
http://frhj.tv/momo/cast/index.html

「山田太郎ものがたり ~貧窮貴公子~」
東京ジュリエット
http://frhj.tv/tokyojuliet/cast.html

部屋においでよ
http://www.mxtv.co.jp/oideyo/cast.html