超厳選!冬休み公開の注目映画5選 <洋画編>

年末年始、冬休みの間にさまざまな注目映画が公開されます。
恋愛、アクション、コメディ、ファンタジー、ミステリー、ホラー、
あらゆるジャンルで大作が目白押し!
今年の締めに観る1本、新年の1本目は何にする?何を観たら良いんだ!?
というあなたのために、冬休みに必ず観るべき映画を厳選してご紹介します!
冬休み、観たい映画を探している方必見!これから12月~1月にかけて公開する素敵な新作映画をドドンと!一挙にチェックしちゃいましょう!

大作目白押しの<洋画編>はこちら!

「ドント・ブリーズ」

ポスター/スチール 写真 A4 パターン2 ドント・ブリーズ 光沢プリント

主演はジェーン・レヴィ、共演はステファン・ラング、ダニエル・ソヴァットほかです。
全米で2週連続No.1の大ヒットを記録!
映画「死霊のはらわた」などを手掛けたホラーの巨匠サム・ライミがプロデュースした恐怖の密室のショッキングスリラー。
盲目の老人(ステファン・ラング)が独りで暮らす屋敷に3人の強盗が侵入。
簡単に大金を盗める・・・はずだった・・・。
盲目の老人は強靭な肉体かつどんな音も聞き逃さず、聴覚がとてつもなく敏感で息をしただけでも確実に殺されてしまう状況に陥ってしまう3人の強盗たち。
目が見えないのに超強い老人、強盗犯が逆に襲われてしまう予測不能な展開から目が離せません!

実はおじいさんの正当防衛なんじゃないの?と気付いてしまったあなた!
超怖いのですが、痛い目に遭う強盗犯に少し笑ってしまいます。
あなたは息を殺して観ることができるでしょうか!?
アメリカの有名映画誌フィルムメーカー・マガジンは本作を「20年に1本のアメリカ発・恐怖の作品!」と太鼓判。
ハリウッドでよくある突然出てきて脅かすタイプの映画ではなく、人間の怖さを描いた<超緊張>の衝撃ホラー、日本上陸です。

タイトル:ドント・ブリーズ
2016年12月16日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ
公式サイト: http://www.dont-breathe.jp/

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

主演はフェリシティ・ジョーンズ、共演はディエゴ・ルナ、ドニー・チェンほかです。
シリーズの原点「スター・ウォーズ/エピソード4 新たなる希望」の直前を描くSWアナザー・ストーリー。
「エピソード4」の冒頭でレイア姫がR2-D2に託した「デス・スター」の設計図。その設計図を手に入れるまでの語られることのなかった物語。

幼い頃、両親と別れ、生き抜くために悪事も重ねてきたジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)。そんなある日、反乱軍によって救出されたジン・アーソは帝国軍の究極兵器「デス・スター」の存在を知ります。「デス・スター」を作ったのが幼い頃に生き別れた自分の父親だと知らされたジン。
「デス・スター」の完成が近い今、反乱軍になす術はありませんでした。
「デス・スター」が完成すれば宇宙は帝国軍の手に堕ちてしまいます。
ジンは父を探し、「デス・スター」の設計図を入手するため、わずかな仲間と反乱軍への潜入を決意し、生還不可能なミッションに挑んでいきます。
人種の違いを乗り越え、仲間との絆な信頼、親子愛が描かれていて、グッと来るシーン満載です。

S.H.フィギュアーツ スター・ウォーズ K-2SO 約175mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

「スター・ウォーズ」シリーズで人気を博している可愛らしいロボットC-3POやR2-D2の代わりに本作ではK2-SOが登場!
元帝国軍の警備ドロイド・K2-SOは、口は悪いですが味のあるキャラクターで、こちらも愛されキャラになりそうです。

「エピソード4」からなんと38年の時を経て明かされる、もうひとつの「スター・ウォーズ・ストーリー」。
「エピソード4」の10分前までを描いた物語なので、今まで「スター・ウォーズ」を観てこなかった方でもOK!
むしろ、来年2017年12月15日に「スター・ウォーズ/エピソード8」、再来年2018年に「アナザー・ストーリー」とこれからは毎年順番に公開されていくので、今から観始めるのがベストかも知れません!
お正月は家族皆で、おうちで「スター・ウォーズ」三昧です!

タイトル:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
2016年12月16日(金)TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト: http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

「ピートと秘密の友達」

ピートと秘密の友達 オリジナル・サウンドトラック

主演はオークス・フェグリー、共演はブライス・ダラス・ハワード、ロバート・レッドフォードほかです。
東京ディズニーランドの「エレクトリカル・パレード」に登場する緑色に黄色い水玉模様のドラゴン。
彼が初めて登場したのは1977年のディズニー映画「Pete’s Dragon」(日本未公開作品)。
その40年前の作品を新たな物語と最新VFXで蘇らせた冒険ファンタジーです。

あることがきっかけで、6年間森に棲んでいた少年・ピート(オークス・フェグリー)。親友は大きな不思議な生き物のエリオット。ところがある日、エリオットが街の人に捕らえられそうになってしまいます。ピートはエリオットと交わした<3つの約束>を守り抜くことができるのでしょうか?
この冬、ディズニーが贈る最高のプレゼント。

公開はクリスマス直前、12月23日です。
家族で楽しめる映画なので、クリスマスプレゼントに一緒に観に行くと素敵ですね。

タイトル:「ピートと秘密の友達」
2016年12月23日(金)TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト: http://www.disney.co.jp/movie/pete.html

「バイオハザード:ザ・ファイナル」

【映画パンフレット】 バイオハザード ザ・ファイナル 豪華版

主演はミラ・ジョヴォヴィッチです。
シリーズ5作品の累計興行収入163億円を突破した大人気作がついに完結!
人類滅亡まで48時間。宿敵アンブレラ社との長い戦い決着をつける時がやっと来ました!
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と人類の運命は!?

ローラ スタイルブック『ROLA'S CLOSET』

今回、日本からモデルでタレントのローラが戦士・コバルト役で出演。
普段の可愛らしい雰囲気を封印し、セクシーな戦士を演じています。
さらには「バイオハザードⅣ アフターライフ」以来のアリ・ラーターがクレア役でカム・バック。
頼もしい仲間たちとともにアリスは、人類を守り、アンブレラ社の陰謀を阻止することができるのでしょうか?
完結編公開に合わせて、テレビの地上波放送の各チャンネルで「バイオハザード」シリーズを放映するので、そちらも見逃さずに!

タイトル:「バイオハザード:ザ・ファイナル」
2016年12月23日(金)丸の内ピカデリーほかにて全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ
公式サイト: http://www.biohazard6.jp/

「ザ・コンサルタント」

『ザ・コンサルタント』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

主演はベン・アフレック、共演はアナ・ケンドリック、J.K.シモンズほかです。
しがない会計コンサルタントのクリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。
完璧主義者で天才的頭脳を持つが、本籍は不明。
そんなウルフの本業は腕利きの殺し屋でした。
アメリカ政府、大企業、マフィア、すべてを敵に回して活動する彼の本当の目的とは?
全米初登場1位を獲得した傑作サスペンス・アクション。

映画「バットマンvsスーパーマン」直後に撮影が始まったという本作。
主人公を演じたベン・アフレックは、前作で肉体はほぼ出来上がっていましたが、さらに強靭でしなやかな素早い殺陣を身に着けるためにインドネシアの伝統的武術・シラットを数か月間かけて習得。
ほとんどのシーンのスタントをベン自身がこなしたアクションシーンとベンの生唾ものの美しい肉体も見逃せません!

タイトル:「ザ・コンサルタント」
2017年1月21日丸の内ピカデリーほかにて全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/

いかがでしたか?
「ドント・ブリーズ」でお正月の初絶叫に行くも良し、家族で大作「ローグワン」「ピートと秘密の友達」を楽しむも良し、「バイオハザード:ザ・ファイナル」の最後を見届けるも良し。
冬休みの洋画は映画館の大スクリーンで観るからこそ良い作品ばかりが集まっているので、ぜひ映画館に足を運んでみてくださいね。素敵な冬休みを♪

(文 / Yuri.O)