映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で号泣する準備をしよう

映画チラシ ぼくは明日、昨日のきみとデートする 福士蒼汰

2016年12月17日に映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が劇場公開されます。
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ローグワン/スター・ウォーズ・ストーリー」などお正月の大作映画が相次いで公開される中、本作は、お正月の恋愛映画の大本命作品です。
そんな「ぼく明日」の魅力と見どころをご紹介します。

あらすじご紹介

伏見稲荷大社京都日本のティンサイン 金属看板 ポスター / Tin Sign Metal Poster of Fushimi Inari Taisha Kyoto Japan

主演は福士蒼汰、小松菜奈です。
たった30日、恋するためにぼくたちは出会った―京都の美大に通う20歳の大学生・南山高寿(みなみやまたかとし)は、通学電車の中で見かけた福寿愛美(ふくじゅえみ)に初めての一目ぼれをし、思わずナンパをしてしまいます。ナンパは見事に成功!しかし、奥手な高寿は、この恋をどう進展させればいいかわからず、幼なじみで親友の上山に助言を受けながらアプローチした結果、愛美と両想いになり、付き合い始めることに。
些細なことにも感動して泣いてしまう涙もろい愛美を可愛らしく思いながら、二人の恋は誰もがうらやむほど順調に穏やかに進んでいく・・・そう信じて疑わなかった高寿でしたが、初めてキスをした日、高寿が愛美から明かされた秘密は、彼の想像を大きく超えるものでした。
その日から二人の運命は刻々と“すれ違い”始め・・・運命を受け入れながらも一日一日を精いっぱい愛し、刻もうとした二人を描いた、この冬、恋をするすべての人に贈るSFファンタジック・ラブストーリーです。

タイトル:「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」
2016年12月17日(土)TOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国ロードショー
配給:東宝
公式サイト:http://www.bokuasu-movie.com/

主演は福士蒼汰×小松菜奈の初タッグ!

福士蒼汰の「初めての○○」メイキングDVDつき―福士蒼汰 責任編集 ([バラエティ])

PROTO STAR 小松菜奈 vol.9

主演を務めるのは意外にも初タッグとなる俳優の福士蒼汰と小松菜奈。
映画「好きっていいなよ。」「ストロボ・エッジ」など、山崎賢人と並んで「学園もの」主演の双璧とも言われている福士が、本作では等身大の大学生を演じています。
運命の恋によって成長し、戸惑い、乗り越えようとする南山高寿というキャラクターを、順応性が高く、素直な演技が魅力の福士がどう演じてくれるのか?
これまで高校生役が多かった福士ですが、本作では実に伸びやかな演技を披露しています。
そして、映画「渇き。」で鮮烈なデビューをし、その後も「黒崎くんの言いなりになんてならない。」「溺れるナイフ」など、二次元ヒロインを演じさせたら右に出る者はいない勢いの小松も、完璧で隙がない、けれど大きな秘密を抱えている愛美をどう演じてくれるのか?
正直、本作は小松の演技にすべてがかかっていると言っても過言ではないので、彼女の最大の武器のあのミステリアスな微笑み。嬉しいのか悲しいのか、泣きそうなのか、そうでないのか、全く読み取れないあの表情が、本作では最大限に生かされています。
がっつりこの二人だけのシーンが映画の大部分を占めるので、福士&小松ファンは必見。
ファンではない方たちも本作を見れば、高寿 as 福士の純粋さに愛美 as 小松の勇気と一途さにハマってしまうこと間違いなしです!
また、恋に奥手でファッションにも興味がなかった野暮ったい大学生の高寿が愛美と出会い、恋をしてどんどん格好良く洗練されていく変化にも注目です。

また、奥手な高寿の恋に協力し、高寿と愛美が付き合うことになるきっかけを作る上山役には東出昌大が出演。
格好良いわけではないけれどモテるという設定の上山 as東出と奥手で野暮ったい高寿 as福士という設定は少し無理がありますが(だって並ぶと高身長&イケメンオーラでキラキラし過ぎです!)、こちらも初タッグなので見どころのひとつです。
その他、山田裕貴、清原果那などフレッシュなキャストたちがどんな役で出演するのか?内容を語ってしまうとネタバレになってしまうストーリーですので、本作を観てのお楽しみです!

この冬、最も心震わせられるSFラブストーリー

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

本作の原作は七月隆文の同名小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」。
大手ウェブサイト「読者メーター」の<恋愛小説おすすめランキング>で1位をキープし続け話題となり、現在でもAmazonの宝島社売れ筋ランキングで1位をキープし続けている130万部突破の大ベストセラー小説です。
七月はライトノベル出身の小説家なので、本作はSF+ファンタジー+ラブストーリーと盛りだくさんな内容ですが、スラスラと一気読みしてしまうほど読みやすく、高寿と愛美が出逢った理由(ワケ)を知った時、そのあまりに切なく、限られた運命の時間に涙とページをめくる手が止まらなくなる至極のラブストーリーです。
そんな久々に現れた純度100%のラブストーリーを実写化するのは、映画「ソラニン」「陽だまりの彼女」などの三木孝浩監督。
原作ファンの多い小説に実写化にあたり、「(原作を)わかって見ても、わからない状態で見ても、楽しめるものにしたかったんです。」という思いのもと、伏線はかなり丁寧に描いているそうなので、期待が高まりますね。
原作者の七月も「脚本からラッシュ(映像の仮組み)に至るまで何度も意見交換の場を設けてくださり、一緒に作品をつくっていくことができました。お陰で、原作者としても納得できる映画化になりました。」とコメントを寄せています。
SFものを読みなれている方でも本作のトリックは見抜けなかったという声が多い原作なので、「時をかける少女」「なぞの転校生」などSF青春映画の金字塔といわれる作品たちに挑める作品になっています。
物語の鍵となるのは、30日、宝ヶ池、愛美の涙、深夜0時、愛美が持っている1冊のメモ帳・・・。
これらのSFトリックを使い、恋をすると毎日の一瞬一瞬が楽しく美しい、けれど切ないという恋愛の醍醐味を最大限に抽出した作品です。
「壁ドン」も「顎クイ」もないですが、高寿や愛美と一緒に胸をキュンキュンさせて今年の汚れを綺麗な涙で洗い流すか、新年の初泣きをしてきてください。
ちなみに小松菜奈のおすすめ胸キュンシーンは「高寿が愛美を初デートに誘う電話のやりとりがかわいいなって思いました。」だそうです。

美しい京都の街のデートマップを巡ってみよう

KYOTOgenic 写真から見つける、ステキな京都 (JTBのムック)

本作は、主人公・高寿が通う大学が京都の美大ということもあり、高寿と愛美がデートする場所も、高寿が一人暮らしする大学近くのアパートや、高寿が美大の課題のデッサンをするために訪れる京都市動物園など地元民しか知らない京都の穴場的スポットから、三条大橋や伏見稲荷大社といった有名な観光名所まで幅広く登場します。
カップル目線で描かれた京都の街並みの魅力が満載なので、高寿や愛美と一緒にバーチャルデートしているような気分が味わえる作品になっています。
京都の有名な観光名所と京都で生活している高寿だからこそ知っている穴場的デートスポットもいくつも登場するので、本作を観た後は、二人が歩いた街並みを散策してみたくなること確実です!
また、映画の始めと終わりの方では見える景色が全然違って見えると思います。
その時の自分が置かれている状況や気持ちによって、景色がこんなにも変わって見えるのだと、嬉しかったり切なかったりという高寿と愛美の目線が画面に反映されていて、とても愛おしく輝いています。
福士&小松の美男美女カップルばかりに見とれていないで、はんなりと美しい景色や京都の街並みも堪能してくださいね。

主題歌はback numberの書き下ろし曲「ハッピーエンド」

ハッピーエンド(初回限定盤)(DVD付)

本作の主題歌を担当したのは、10~30代の若者から圧倒的な支持を得ているスリーピースバンド・back numberです。
本作のメガホンを撮った三木孝浩監督は同バンドのショートフィルムやミュージックビデオを担当したことがあり、彼らの日常の延長線上にある日々の感情に根ざした楽曲作りが、本作のイメージと合致するということでオファーをした経緯があります。
そして出来上がったのが、同バンドのすべての楽曲の作詞・作曲を手掛け、ラブストーリーの名手と言われている清水依与史が、原作を読み、自らが感じたことを書き下ろした本作の主題歌「ハッピーエンド」。

清水はヒロインの福寿愛美にとても魅力的に感じ、彼女の人格を自分の中に落とし込んでいく形で楽曲を製作したそうです。
ですので、本曲は、作中ですべてが語られることのない愛美の心の内をリアルに切なさいっぱいに表現していて、エンドロールで流れたら、号泣必至の名曲に仕上がっています。またひとつ、寒い冬にこそ聴きたい、切なさが魅力のback numberの名曲が誕生しました!

back numberの楽曲のMVにはこれまで山本美月、森カンナ、森川葵など多くの美女たちが出演してきており、楽曲とともに話題になってきました。
本作のMVにはソニー損保のCMや月9ドラマ「恋仲」でおなじみの女優・唐田えりかが出演しており、ブレイク直前の彼女の出演は早くも話題となっているようです。
「ハッピーエンド」は映画の劇場公開に先駆けて、11月16日から絶賛発売中ですので、
映画と併せてMVとCDシングルもチェックしてみてくださいね。

いかがでしたか?
ラストに大どんでん返しがあるわけではありませんが、観終わった後またすぐに登場人物たちの表情や台詞を見直したくなり、2度見3度見してさらに泣けるスパイラルタイプの作品です。
本作は2016年12月17日に劇場公開です。
三木監督のゆったりとした間や美しい京都の景色の下でのラブストーリーは大きなスクリーンで観てこそだと思いますので、ぜひ劇場へ足を運んでみてくださいね。

(文 / Yuri.O)