狙え!超特大スクープ!映画「SCOOP!」の見どころを激写!

週刊SCOOP!2016年10月30日号 (SPA!(スパ)臨時増刊) (デジタル雑誌)

2016年10月1日に劇場公開された映画「SCOOP!」。
映画「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督と俳優・福山雅治が初タッグを組み、ヒロインに二階堂ふみを迎えるという、もう大ヒットさせる気満々な制作陣の気合いが伝わってくる本作。
共演には吉田羊、リリー・フランキー、滝藤賢一など実力派俳優たちが脇を固め、たった1枚の写真で日本中を賑わす写真週刊誌の記者やカメラマンの世界をリアルに描いています。
「日本一スキャンダル写真を撮られない俳優」として有名な福山さんが中年パパラッチ役で次々芸能人のスキャンダルを激写していくという逆発想的な本作の見どころをご紹介していきます。

あらすじご紹介

シナリオノベルズ THE MOVIE SCOOP!

主演は福山雅治。共演は二階堂ふみ、吉田羊、リリー・フランキー、滝藤賢一などです。
かつては数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)。
しかし、その輝かしい業績も、現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られておらず、静自身もある事件をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまい、今は借金まみれの芸能スキャンダル専門の中年パパラッチ。
ある日、古い付き合いのある雑誌「SCOOP!」編集者の横川定子(吉田羊)から高額なギャラと引き換えに、新人記者の行川野火(二階堂ふみ)の面倒を見るように頼まれます。定子は、野火の記者としての成長とやる気を失ってしまった静が報道カメラマンとして再起のきっかけになることを願い、二人にコンビを組ませます。初めはまったく噛み合わずケンカばかりする静と野火でしたが、徐々に足並みが揃うようになり、二人は独占スクープを連発するようになります。そんな中、日本中が注目する重大事件が発生し・・・。
静と野火のコンビはこの重大事件を撮ることができるのか!?
静は再び報道カメラマンとして復活できるのか!?
1枚の写真【スキャンダル】に日本社会が騒然!?ますます過熱する写真週刊誌のスクープ合戦に挑むのは、落ちぶれパパラッチ&ド新人記者のまったく噛み合わない凸凹コンビ!!2016年、最もスキャンダラスでスリリングな<抱腹絶倒><仰天必至><超ハラハラドキドキ>の圧倒的エンタテイメント大作の完成です!

タイトル:「SCOOP!」
2016年10月1日(土)TOHOシネマズ 日劇ほかにて全国ロードショー
配給:東宝
公式サイト: http://scoop-movie.jp/

実はリメイク!

本作の監督・脚本を務めるのは、映画「モテキ」「バクマン。」などその独特なアプローチの仕方が、若者から圧倒的に支持されている大根仁です。
1985年に劇場公開された原田眞人監督・脚本作品「盗写1/250分秒 OUT OF FOCUS」の原作を、大根監督が主人公・都城静を福山雅治が演じることを念頭に置き、現代風に大胆アレンジ。
「盗写」では斎藤慶子が演じた行川野火が主人公なので、全く違う角度から描き切ったことがよくわかります。
大根監督は、元々「盗写」と原田監督の大ファンで、オリジナルシナリオまで持っているそうです。大根監督が描いた都城静は、「盗写」に登場する原田芳雄演じるアウトローなカメラマン・都城静と宇崎竜童演じるその相棒・加柴の二人の人物をミックスしたキャラクターで、原田監督もこのアイディアに納得。
昭和を代表する名男優二人の色気と男気にさらに福山自身の色気が加わり、昭和の香り漂う哀愁と色気たっぷりな大人の男・都城静が誕生しました。
「盗写」で斎藤演じる主人公・野火と本作で二階堂ふみ演じる野火の雰囲気や髪形もそっくりなので、興味が湧いた方は、原作も併せてご覧になって観てください。

福山雅治、3年ぶり、そして結婚後初となる映画主演作!

SWITCH Vol.34 No.10 『SCOOP!』を追う者たち

結婚後に放映された月9主演ドラマではまさかの最低視聴率を更新し、一桁台の大コケをしてしまった福山。
本作も初日で、観客動員数が大きなシネコンの会場で半分いくかいかないかくらいで順調とはいえないスタートとなりましたが、本作の福山は見逃せないです!
野火の言葉を借りるならば、「超カッコいいっすよ!」
結婚してマチャと疑似恋愛できなくなったからって、福山離れしていた女性ファンの方々!戻るなら、今です!
本作で福山が演じている都城静は、女は買うわセクハラしまくるわ、クマができてヨレヨレ姿で、まぁ~酷いものなのですが、煙草をふかしてうつむき加減に佇む男の哀愁と、いつでも現役&肉食という男の色気が凄いんです!濡れ場俳優の異名を持つ若手実力派俳優の池松壮亮の大人バージョンといったところでしょうか。
安心して付き合える大人の男ではないけれど、素通りできないレベルの渇いた色気ムンムン!
二階堂ふみや吉田羊とのラブシーンもあり、観賞後のお肌の潤いはお約束します!(笑)

仕事に命を懸ける大人たちのドラマに胸が熱くなります!

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

本作の舞台となるのが雑誌「SCOOP!」編集部。
静と野火はスキャンダル狙いのカメラマンと記者なので、基本外で待機していることが多いのですが、大事なことが決まる場面や語られる場面はたいてい、この編集部で起こります。
そこで交わされる熱い議論がまたカッコイイのです!
特に若い頃にタッグを組んでいた静、定子、そして滝藤賢一演じる馬場の魂と魂が熱くぶつかり合う白熱した議論は、苦楽をともにしてきたからこそできる相手への信頼と尊敬の念があってこそです。
命を懸けて働く大人たちの格好良さ、そして命懸けで仕事をしているからこそ泣けてしまう現実があることを、大根監督は若者たちへ訴えかけるかのように作っているように感じます。
そんな先輩たちの背中を見て成長していく野火のように、今の若者たちに「仕事ってカッコイイんだ!楽しいものなんだ!」と観終わった後に思ってもらいたい作品でもあります。

福山&二階堂のガチのラブシーンも見逃せない!

週刊 プレイボーイ 2014年 12/15号 [雑誌]

大根仁監督のラブシーンの特徴は「健康的にガチでエロい」です。
本作でも、初めは相性最悪に見えた静と野火ですが、毎日昼夜問わず、ともに行動するうちに芽生える憧れから尊敬、尊敬から淡い恋心へと、野火の心中は変化していきます。
静の方も、懸命に自分についてきて無邪気な笑顔を見せる野火を可愛く思うようになり・・・。
物語後半、心が通い合った二人が交わすラブシーンがまたエロい!
朝陽に映し出された真っ白なシーツに横たわる野火の健康的な裸体を丁寧に慈しむ静。
野火が男性経験が豊富でないという設定なので、二階堂ふみの体は肉感的で超エロいのですが、福山も二階堂も色気を抑えめに、美しく魅せるように撮っているので、色気もありつつ、二人の柔らかな慈しみを感じ取れる素敵なラブシーンに仕上がっています。
しかも、ラブシーンは二階堂とだけでなく、吉田羊演じる定子や他の女性ともあり、現場ではアドリブも連発していた福山は役得だなぁと男性陣は少し羨ましくなってしまうかも知れません。

日本一撮られない芸能人・福山雅治の秘密が暴かれる!?

スーパー花火セット2000

本作で静と野火が芸能人や政治家たちに対して仕掛けるのは、予想もつかないようなパパラッチテクニックの数々。
カメラを仕込む盗撮用のメッシュのバッグなんて基本中の基本で、高級ホテルのカーテンを開かせるためにロケット花火を打ち上げる、いきなり個室バーのドアを開ける、わざと絡んで怒らせるなどなど・・・。
本当に犯罪スレスレで、ハリウッドなんかだとよく裁判沙汰で俳優に訴えられていますよね。
福山さんは、リアルなパパラッチのテクニックを知っているからこそ、これまでほとんどツーショットや乱れたところを撮られていないのが、本作を経験したことでますます撮られない俳優になっていくのではと苦笑いでした。
福山さんのどんなパパラッチの追跡でも巻いてしまうという華麗なドライビングテクニックも本作では披露されています。(スタントも使っているかも知れませんが。)

いかがでしたか?
恋愛、仕事、仲間、事件にスキャンダル、血みどろ、予測不能なストーリー展開ありと、てんこ盛りの大根版「SCOOP!」。
老若男女問わず、何も考えずに楽しめる作品に仕上がっているので、ぜひ劇場に足をお運びください。

(文 / Yuri.O)