今が旬!のキャスト陣が豪華競演!映画「全員、片想い」の魅力総まとめ!

Amateras 写真デコ用 フォトアルバム スクラップ ブック 30枚 手作り フォト フレームブック Forever Love 透かし模様 オシャレ アルバム セット ハート 盛りだくさん オリジナル LOGO ボールペン 付 (タイプC(レッド))

2016年7月2日に映画「全員、片想い」が劇場公開されます。
本作は、俳優の加藤雅也さんがFMヨコハマのラジオ番組「BANG BANG BANG」という自信の番組で、「片想い」をテーマにしたトークをしたところからスタートしました。番組終了後、日本最大級のコミック・小説投稿サイト<E★エブリスタ>とFMヨコハマの共同企画として、「片想い」をテーマにした投稿作品を募集、そして投稿された作品の中でも人気の高かった電子小説4本と映画オリジナルのストーリーの4本を合せて、8つのエピソードをギュギュッとひとつの映画に濃縮したものが映画「全員、片想い」です。
映画の内容もさることながら、豪華なキャスト陣も話題になっている映画「全員、片想い」の魅力をギュギュッとご紹介します。

タイトル:「全員、片想い」
2016年7月2日(土)丸の内TOEIほかにて全国ロードショー
配給:東映
公式サイト:http://zenin-kataomoi.com/

「ラジオパーソナリティー」

主演は、テレビ・映画で活躍中の俳優・加藤雅也です。実際に加藤さん自身がラジオで「片想い」をテーマにしたトークを始めたところからこの映画の企画がスタートしました。
本作品中でも、同じく加藤さんがラジオパーソナリティーとして、リスナーから募った「片想い」のエピソードを紹介していくという形で映画がスタートします。

<ストーリー>
かつては人気バンドグループのボーカリストだった三崎徹(加藤雅也)は自身のラジオ番組でリスナーから募った「片想い」のエピソードを7週連続で紹介するという企画をスタートさせます。
その企画名が「全員、片想い」。
エピソードを紹介していく三崎の胸中にある想いとは?
様々な年齢・性別を超えた切ない「片想い」アンソロジーが幕を開けます。

1週目「MY NICKNAME is BUTATCHI」

南くんの恋人‾my little lover ディレクターズ・カット版 DVD-BOX1 (3枚組:本編DISC2枚+特典DISC1枚)
その「おこだわり」、私にもくれよ!! Blu-ray BOX

主演は中川大志と伊藤沙莉です。監督・脚本は映画「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」「大人ドロップ」など柔らかな空気感の中で登場人物の心情を豊かに表現する飯塚健が務めます。
中川大志さんは、同じく大ブレイク中の福士蒼汰と兄弟の様に似ていると話題にもなった若手注目のイケメン俳優です。これまではドラマ「家政婦のミタ」「夜行観覧車」などに出演し、今年は本作の他に映画「監獄学園 −プリズンスクール−」「四月は君の嘘」が控えています。コミカルな演技からシリアスな演技まで幅広くこなせる演技派俳優でもあります。
相手役の伊藤沙莉さんは子役時代からテレビドラマを中心に活躍し、近年はTBS系ドラマ「REPLAY&DESTROY」やテレビ東京系ドラマ「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」で子役時代から培った確かな演技力で絶妙な笑いの間を作り出すことが出来る若手演技派女優です。
そんな二人がお笑い抜きで演じる切ないラブストーリーが映画「全員、片想い」のトップバッターを飾る「MY NICKNAME is BUTATCHI」です。

<ストーリー>

ノムラ[杏奈](伊藤沙莉)とサタケ[佐竹](中川大志)は幼い頃から共に育った幼馴染。幼い頃にいつもカサブタを作っていたことから、ノムラに“ブタっち”とあだ名をつけたのもサタケでした。そんなサタケにノムラは幼い頃から片想いをしているのですが、サタケには彼女がいて、しかもその彼女はノムラの親友で・・・。
ノムラはサタケに長年の想いを伝えるのでしょうか?この切ない三角関係はどうなっていくのでしょうか?

美男美女が紆余曲折を経て両想いになるラブストーリーではなく、どこにでもいる普通の女の子を伊藤沙莉が絶妙なリアルさで演じており、そっくりそのまま、こういう片想いをしている&かつてしていた方たちにハマるであろう切ない片思いラブストーリーに仕上がっています。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207221_979.html

2週目「僕のサボテン」

森絵梨佳フォトブック『こんにちは、私。』
桜田通「One Life!‾7days Family‾」‾前編‾ [DVD]

主演は森絵梨佳と桜田通です。監督・脚本は映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」の永田琴が務めます。
森絵梨佳さんは、あらゆる女性向けのファッション雑誌でモデルとして活躍し、2008年に雑誌「ゼクシィ」のCMモデルに起用されるなど、女性からの支持が高いモデル・女優さんです。
桜田通さんは、子役時代からドラマ・映画・舞台と幅広く活躍し安定感のある確かな演技で、2015年には映画「orange」などに出演しています。

<ストーリー>

冴えない新社会人の木下透(桜田通)は、今日も厳しい上司の今井咲(森絵梨佳)に叱られています。上司と部下という間柄ですが、透の理想の女性像とは真逆の咲が、透は苦手でした。しかし、あることをきっかけに咲の女性らしい一面に触れることとなり、透は咲にだんだんと惹かれていくのですが・・・。

二人の恋模様の大切なアイテムとしてタイトルの通り“サボテン”が登場します。
ちょっぴり切ないラブストーリーで「ラストの解釈は映画をご覧になった観客にお任せします!」と桜田さんがインタビューでおっしゃっていることから、観た方によって様々な感想が生まれそうな「僕のサボテン」。楽しみですね。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207178_979.html

3週目「サムシングブルー」

広瀬アリス 2016年 カレンダー 壁掛け B2
斎藤工 蜷川実花 京都編 (写真集)

主演は広瀬アリスと斎藤工です。監督・脚本は、俳優としてテレビや舞台で活躍している宅間孝行が務めます。宅間さんはこの作品が映画初監督となるのですが、脚本は「映画 花より男子ファイナル」「愛と誠」など大ヒットした作品を手掛けているので、今回の「片想い」をどう描くかが注目されています。
広瀬さんは、広瀬すずさんのお姉さんで今芸能界で最も注目されている美人姉妹のお姉さんです。テレビ版の「釣りバカ日誌」のヒロイン役や今年2016年は映画「星籠の海 探偵ミタライの事件簿」でもヒロイン役をこなし、モデルから本格女優への道を歩み始めています。
広瀬さんの相手役を務める斎藤工さんは、色気のある俳優として注目されることが多いですが、これまでにも多くの映画に出演し、映画評論家、映画監督としての一面も持つ注目の俳優です。

<ストーリー>

眼鏡におかっぱ頭の希美(広瀬アリス)は、今までずっと母親に髪を切ってもらっていましたが、高校生になったのを機に美容院に行くことに。母親以外に髪を触られることにも切られることにも不安を覚えていた希美ですが、彼女を見違えるように可愛くしてくれた美容師の慎一(斎藤工)に恋心を覚えます。慎一への想いは日に日に強くなっていきますが、慎一には婚約者がいて・・・。

美容室って女の子にとっては特別な空間ですよね。そして、髪の毛を触らせるという行為もかなりの信頼関係がないと無理だと思うんです。
高校生の希美にとっては、慎一が初恋の相手だけれど、慎一は社会人で綺麗な婚約者までいる大人で・・・という憧れの存在という二人の関係性も淡く切なくて、こういう気持ちは誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか。
ご自身が純粋だった頃の気持ちを思い出してキュンキュンしながら観ていただきたい作品です。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207362_979.html

4週目「片想いスパイラル」

知英フォトブック Grow Up!

主演はKARA脱退後、映画「暗殺教室」シリーズなどテレビ・映画で活躍中の知英です。共演には、映画「ヒメアノ〜ル」「グラスホッパー」など精力的に映画に出演し続けている佐津川愛美と韓国・日本・中国のメンバーからなる音楽グループCROSS GENEのTAKUYAです。監督・脚本は映画「小川セレナーデ」の原桂之介が務めます。

<ストーリー>

韓国留学生で身体は女性、心は男性という性同一性障害のソヨン(知英)は、外見はボーイッシュな「イケメン男子」。ソヨンは共にシェアハウスで暮らすユキ(佐津川愛美)を好きになりますが、ユキはソヨンの男友達の一(TAKUYA)が気になる様子。ソヨンは自分の気持ちを抑え、ユキと一の中を取り持とうとするのですが・・・。

本作のポスタービジュアルを公式ホームページや劇場で観ることが出来るのですが、
皆さんはその中に知英を発見することが出来るでしょうか?私は見つけられませんでした。
そのくらい知英がイケメン女子に変身してるんです!
知英は、外見だけでなく男性としての心の部分の葛藤を見事に表現し、共演者やスタッフの間でも、知英の演じるソヨンに惚れてしまう人が続出したそうです。本作ではアクションシーンにも挑戦している知英さんは「新しい姿を皆様に見せることができると思う。」とインタビューで答えており、彼女自身も手ごたえ十分な本作を観ないわけにはいきませんね!

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207164_979.html

5週目「嘘つきの恋」

新川優愛 2016年 カレンダー 壁掛け B2
志尊淳ファースト写真集 (TOKYO NEWS MOOK)

主演は新川優愛と志尊淳です。監督・脚本は、映画「オー!ファザー」「7s/セブンズ」などの藤井道人が務めます。
ヒロイン役を務める新川優愛は、雑誌「non-no」の専属モデルで、TBS系「王様のブランチ」のMCも務めています。2015年辺りから本格的に女優業に参戦し始め、ただ今ネクストブレイクで最も注目される女優の一人です。
志尊淳は、今流行りの戦隊もの出身俳優で、映画「先輩と彼女」で主演を務め、テレビも月9ドラマ「5→9〜私が恋したお坊さん〜」や「表参道高校合唱部」に出演するなど、新川さんと同じく、ネクストブレイクな俳優です。

<ストーリー>

「彼氏、いるんだよね。」と嘘をついて毎日後腐れない関係を楽しんでいた麻菜(新川優愛)。ある晩、クラブで酔い瞑れてしまったところを送ってもらったことから知り合った純粋で真っすぐな瞳をしたマコト(志尊淳)。運命の出会いかと思われた二人ですが、麻菜のいつもの「彼氏、いるんだよね。」という言葉を真に受け、マコトは友人として麻菜の恋の悩みを聞くことに。マコトは麻菜の事を正直な女の子だと思っていて・・・。

5週目にあたる「嘘つきの恋」はコメディータッチな可愛らしいラブストーリーです。
麻菜とマコトはお互い気になっているのは明らかで、麻菜さえ「本当は彼氏はいない。」と一言言えばいいのに、彼女は強がりで他人に対して素直な気持ちを見せることが出来ません。“あと一言”が言えなくて、恋が上手くいかない、またはうまくいかなかったことがある方たちに観てもらいたい作品です。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207282_979.html

6週目「あさはんのゆげ」

清水富美加 2016年 カレンダー 壁掛け B2
千葉雄大 2016年 カレンダー 壁掛け B2

主演は清水富美加と千葉雄大です。監督・脚本は星野源や乃木坂46などのアーティストのPVを手掛け、その映像表現が注目されている山岸聖太が映画初監督を務めます。
清水富美加はNHK朝の連続テレビ小説「まれ」でブレイクし、そのぶっ飛んだ天然なキャラクターからバラエティー番組などにも多く出演し、マルチな女優として注目されています。
千葉雄大は、映画「アオハライド」「黒崎くんの言いなりになんてならない」などに出演し、これまでの可愛い系男子のイメージからカッコイイ王子様系男子に急成長中の俳優です。
「あさはんのゆげ」は、どちらかというとしみじみと静かに響くタイプの作品ですので、この二人がどう演じてくれるのか楽しみです。

<ストーリー>

両親の離婚の都合で田舎暮らしをすることになった高校生の風花(清水富美加)。母親に長期出張中に従兄弟の要(千葉雄大)が保護者代わりとして同居することに。数年ぶりに再会した二人ですが、風花は、両親の離婚、突然の田舎暮らし、思い出したくない過去の思い出を抱え、心を閉ざしてしまいます。そんな風花に大使て何を聞くでもなく、要は毎朝二人分の「あはさん=朝ごはん」を用意します。初めは要に対して、どうにもならないイライラをぶつける風花でしたが、徐々に要の作る「あさはん」に癒されていきます。
ひと夏だけの同居生活を通して二人の関係はどうなっていくのでしょうか?

毎朝用意されるホカホカの「あさはん」とキラキラと輝くひと夏という期間限定の恋。従兄弟同士なので、それが恋なのか親愛なのかはっきりとはわからないけれど、「ただ一緒にいる時間が楽しい、でもいつまで続くのかがわからない。」と揺れ動く心が丁寧に描かれた作品です。
観終わった後、美味しい朝ごはんが食べたくなること必至!なので、映画館の傍に美味しい和食屋さんを見つけておくことをお勧めします。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207311_979.html

7週目「イブの贈り物」

橋本マナミ 写真集 『 あいのしずく 』
横浜流星カレンダー2016(仮) ([カレンダー])

主演は橋本マナミと横浜流星です。監督・脚本は、脚本家として映画「忘れ雪」「彼岸島 デラックス」(2016年10月公開予定)などを手掛ける伊藤秀裕が映画初監督を務めます。
ヒロインを演じるのは、「愛人にしたいタレントNo.1」の異名をとる橋本マナミ。これまでドラマにゲスト出演するなどはありましたが、彼女も映画の主演は初めてです。
相手役の横浜流星は、戦隊もの出身俳優で現在、映画「オオカミ少女と黒王子」にも出演中でこれからブレイクが注目される俳優の一人です。

<ストーリー>

美里(橋本マナミ)が働く介護施設に、看護師見習いの穣(横浜流星)がやって来ます。明るくて心優しい彼はすぐに施設内の人気者になり、気難しいことで有名な入居者女性の静(星由里子)も、彼に心を開いていきます。静を心配していた美里はホッとして、二人を見守りますが、穣と静の関係はどんどん親密さを増していって・・・。

ラストのエピソードを飾るのは大人の、けれど純粋な恋の物語です。
初めは穣と静の関係を温かく見守っていた美里ですが、ある出来事をきっかけに、美里自身も強く穣に惹かれていることに気づいてしまって・・・という不思議な三角関係のラブストーリーです。
美里役の橋本さんは「演じていて何度も涙が止まらなくなるシーンがありました。」と本作に対してコメントを寄せていらっしゃるので、ラストを飾るのは、切なくて泣ける恋物語なのかも知れませんね。
ハンカチを用意して劇場に観に行きましょう。

公式サイト:http://www.toei.co.jp/release/movie/1207344_979.html

いかがでしたか?
本作で注目したいのは、今が旬な若手俳優陣だけでなく、これからの映画界を担うであろう若手映画監督が、作品の監督から脚本まで手掛けているところです。
映画1本で色々な監督・俳優陣の作品をまとめて観ることが出来てお得!且つ、8つのラブストーリーのどれかは、自分の片想い経験と重ね合わせて切なくなったり、心が温かくなったりすることが出来ると思います。是非、チェックしてみてくださいね。

(文 / Yuri.O)