変幻自在の新進女優・森川葵の魅力が光る作品総まとめ!

おんなのこきらい [DVD]

皆さん、「森川葵」という女優をご存じですか?

2015年まで雑誌「Seventeen」の専属モデルを務め、ティーンを中心に大人気のモデル・女優です。
ここ1〜2年で、映画やドラマに途切れなく、出演し続けている、今最も勢いのある新進女優の一人なのですが、彼女の顔が浮かばないという方も多いのではないでしょうか?
実は、彼女は、作品の度に、外見を、特に髪型を、ガラリと変えることで有名で、自然体の演技で、役に染まってしまうので、彼女自身の名前を、知っている人が少ないのです。
宮藤官九郎のドラマ「ごめんね青春!」の阿部あまり役、映画「渇き。」のスキンヘッドの女の子といえばわかるでしょうか。
これから、確実に、日本のドラマ・映画界を賑わすであろう森川葵の魅力が光る作品を、ご紹介していきます。

麻薬中毒者を熱演した映画「渇き。」

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]

映画「渇き。」は、役所広司主演、小松奈菜の映画デビュー作として話題になりましたが、他にも沢山、将来有望な若手俳優たちが出演していました。橋本愛、二階堂ふみ、清水尋也、高杉真宙など、演技派・個性派と言われている若手俳優たちの中に、森川は、小松演じる加奈子の同級生で、彼女によって麻薬中毒にさせられてしまう智子という役で出演しています。森川の怯え、憔悴しきった演技が、この濃い出演者たちの中でも、とても印象に残りました。

タイトル:「渇き。」
2014年6月27日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて全国ロードショー
配給:ギャガ
公式サイト:http://kawaki.gaga.ne.jp/

坊主頭で犬になりたい女の子を好演した映画「チョコリエッタ」

チョコリエッタ [DVD]

菅田将暉と森川葵のW主演です。本作で、森川は、自分をチョコリエッタと呼び、犬になりたいちょっと不思議系の女の子・知世子を演じています。飼い犬のジュリエッタを失い、生きる気力を無くして、犬になりたい知世子と、菅田演じる映画研究部OBで、「人を殺したいと思ったことがある。」という正宗先輩の、ひと夏の不思議な旅の物語です。本作で、森川は、髪型をスキンヘッドにバッサリと切っていますが、本人は、「(髪が)ちょうど傷んでいたからちょうどよかった。」とあっけらかんとしていて、彼女の女優魂や役に染まることの躊躇のなさが伺えます。本作では、忌野清志郎作詞・作曲の「JUMP」を彼女がエンディングテーマとして歌っているのも、見どころのひとつです。若い才能二人の化学反応が観られる本作を是非ご覧ください。

タイトル:「チョコリエッタ」
2015年1月17日(土)新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー
配給:太泰
公式サイト:http://www.suzufukudo.com/chokolietta/

今度は巻き髪ロング!超絶可愛くてムカつく女の子を熱演!「おんなのこきらい」

おんなのこきらい [DVD]

音楽×映画の「MOOSICLAB」という新しい試みの映画祭で4冠に輝いた作品です。今作で、森川は、「私、可愛いんで。」「おまえらと一緒にすんな、ブス」と言い放ち、常に男に可愛く見られるように計算して振る舞っているキリコを演じています。一見、極端な性格に見えるが、実は真っ新で無垢過ぎるキリコという女の子を、森川は完璧に演じ切っていて、キリコをずっと観ていたいと思わせられる作品です。後半にかけて、恋に必死でメッキがどんどん剥がれていくキリコですが、どんな女の子でも経験がある、過去にこう叫びたかったという気持ちを、キリコが思いっきり叫んでくれるので、気持ちが良いんです。宣伝コメントに、「女子が保健室に集められて性教育の授業を受けている間に、男子はこの映画を観たらいいと思う。」(by 狗飼恭子)というのがあるのですが、その通りだと思いました。80分なので、軽い気持ちで観て、損はない作品です。

タイトル:「おんなのこきらい」
2015年2月14日(土)新宿シネマカリテにてロードショー
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
公式サイト:http://onnanokokirai.com/

「NINJA THE MONSTER」

松竹が若手映画製作者の育成のために発足させたブルーラインレーベルというブランドで、初めて海外マーケットをターゲットとして制作された作品です。監督は、ハリウッド仕込みの撮影法で撮る、映画「大泰ライムライト」などの落合賢で、脚本が、「超高速!参勤交代」の土橋章宏のオリジナル脚本になります。更に、主演に、NHKの朝ドラの「五代様」で大ブレイク中のディーン・フジオカを迎え、2016年2月2日から短期限定公開されます。森川は、作中で、ディーン演じる忍びに守られていくうちに、彼と心を通わせていく幸姫を演じています。彼女にとって、初の時代劇に挑戦した作品になります。海外向けの作品なので、この作品がヒットすれば、森川のハリウッドデビューも夢じゃないかも!?と、期待を寄せられています。

タイトル:「NINJA THE MONSTER」
2016年2月20日(土)新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー
配給:松竹
公式サイト:http://ninja-monster.jp/
いかがでしたか?
森川葵の強みは、ご紹介したような振り切った個性の強いキャラクターを演じることが出来るということもありますが、彼女は、自然体、等身大の繊細な演技も、難なくこなしてしまうのです。
そして、役者としての芸名ではなく、登場人物として、観た人の心に残ります。
今年も、「TOO YOUNG TOO DIE 若くして死ぬ」「金メダル男」「ドロメ 女子篇」「ダンス ダンス ダンス」など、沢山の映画作品への出演が決まっています。
まさに今、ブレイク直前の彼女の作品を、もう観た方もそうでない方も、是非観てみてはいかがでしょうか。

(文 / Yuri.O)