ファッションもメイクも憧れ!リリー・コリンズの可愛すぎる作品総まとめ!

2018年1月18日

あと1センチの恋

あと1センチの恋(字幕版)

個人的にリリー・コリンズの魅力が一番詰まっている映画だと思っているのが、この映画「あと1センチの恋」です。幼馴染のロージーとアレックスの12年にもわたる長い年月のもどかし過ぎる恋を描いた映画です。この手のロマンティック・コメディ—は、絶対ハッピーエンドな筈なのに、ロージーとアレックスはそれぞれ別の相手と付き合ったり、結婚しちゃったり、別の国に行っちゃったりして、もしかして本当にもう結ばれないのではないか!?と本気でハラハラしてしまう作品でもあります。原題は、“Love,Rosie”なのですが、本当にもう、ロージーという女の子が可愛くて可愛くて!!こんなに顔も性格も可愛い女の子が、幼馴染にいたらアレックスじゃなくても恋しちゃうよ!とまさに“Love,Rosie”なのです。リリー自身もインタビューで、「ロージーを演じるにあたり、かなりアドリブがあり、どこまでがリリーで、どこからがロージーかわからないくらい素の自分が出ている。」と答えています。映画の中で、ロージーが「Fuck!」と叫んだり、コンドームが体の中から取り出せなくなって四苦八苦したりするシーンがあるのですが、イギリス出身のリリーが演じると、ちゃんと笑えるのに、全然下品じゃないんですよね。この、体の中のコンドームを探すというシーンは、編集でカットされそうになったそうなのですが、撮影時は、5人の男性スタッフに囲まれて、やりにくい中、本当に頑張ったのだから、(カットは)絶対ダメ。」とリリー自身が言ったそうです。リリーの女優魂と、彼女の素が垣間見られる作品に仕上がっています。
タイトル:「あと1センチの恋」
2014年12月13日(土)新宿武蔵野館ほかにて全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
公式サイト:http://1cm-movie.com/

いかがでしたか?
今年も日本公開はまだ未定ながら2本の作品に出演することが決まっているリリー・コリンズ。彼女のチャーム・ポイントといえる太眉ですが、昔は、リリーはコンプレックスに感じていたそうです。リリーのお母さんは、そんな彼女を見て、「不完全であることこそが美しい。」と教えてくれ、そこから彼女は自分を受け入れられることが幸せに繋がっていくのだ。」と気が付いたと、インタビューで答えています。今や、その太眉が、彼女の凛とした美しさ、芯の強さを表わす象徴にもなっているので、お母さんは先見の明があったのですね!これからも、良い作品と巡り合って、素敵な女優さんへと成長していく彼女の姿をずっと観ていたいと思える女優さんです。

(文 / Yuri.O)

最後に、お得な情報をひとつ。「シネマイレージカードセゾン」というカードがあります。年会費は初年度無料で、2年目以降は300円(税抜)かかるのですが、映画をよく見る人にはとてもお得なカードです。

まず、TOHOシネマズで映画を6本観たら、お好きな映画に1本無料でご招待する、というスタンプラリーがあります。それから、TOHOシネマズで上映される映画を見ると、上映時間1分 = 1マイルの計算でマイルが貯まります。貯めたマイルは特典やオリジナルグッズと交換できます。

更に、このカードをポイントタウンというサービスで申込してカード発行が完了すると、それだけで3,000円相当のポイント還元を受けられます。年会費10年分がポイントとして還元されるので、興味のある方はどうぞ。